めざせ!ファッションリーダー!
和洋学園専門学校




 TOP 学校紹介 キャンパスライフ 入学について 資料請求 アクセスマップ


服装専攻科
和裁科


服装専攻科
洋裁科


服装研究科
きもの芸術科


服装研究科
ファッションクチュール科






第51回技能五輪全国大会
金・銀受賞


くまもんシリーズ発売中!



wayoニュース

学校紹介



校長挨拶


和洋学園専門学校の始まりは明治44年に設立された落水学園にあります。以後、大正・昭和・平成と、時勢と共に進化しながら縫製教育の学窓として、ファッション界へ多くの人材を輩出してまいりました。

時代のスピードに伴いファッションを取り巻く環境も大きく変遷しました。
今日、ファストファッションに代表されるような大量生産の製品が市場を締めて久しくなります。しかしながら、現在も和裁や洋裁の基が手で仕立てることに変わりありません。ベースとなる確かな力を身につけてこそ、はじめて豊かな感性を形にできる。それはまた、世界の産業界・教育界を牽引きするクリエーターの誕生を意味しています。

本校は創立以来、学生一人一人の能力を最大限に伸ばすため、アットホームな雰囲気の中、知識と技術を個別に教授してまいりました。
同じ夢を持つ仲間と、そして和裁・洋裁のエキスパートである講師と共に和洋学園で縫製の力を身につけて、夢の舞台へと大きく羽ばたいて下さい。


和洋学園専門学校 校長 倉岡 妙子











沿革
 



 
【明治44年】
落水キヨが落水学院を設立。
女子への教育の機会を開きたいという思いから設立されました。
主な授業として和裁や洋裁、当時はまだ珍しかったミシン刺繍なども取り入れ実践的な教育を行っていました。

【大正3年】
和洋裁星山女学校へ改称。

【大正6年】
星山実践女学校へ改称。後に立正高等女学校と改める。

【昭和18年】
立正高等学校廃校。
高等女学校の規定・実施、また第二次世界大戦により廃校となりました。


【昭和28年】
和洋女学苑設立 羽柴福子苑長就任。
戦後、落水キヨの次女であった羽柴福子は母と志しを同じく教育の場の再建に力をつくし、和裁と洋裁の学びの場を復活させました。

【昭和56年】
和洋学園専門学校設立。
熊本県認可の指定を受け男女共学化となりましす。また同時期には九州洋裁職業訓練校を設立しました。

【平成11年】
倉岡妙子校長就任。
祖母と母の志を受け継ぎ倉岡妙子が校長に就任。国内だけにとどまらず海外からの学生にも学びの場を開放し、今日も和裁と洋裁の知識・技術習得の場として多くの学生達へ受け伝えています。








〒862-0971 熊本県熊本市中央区大江6丁目29-21
Tel 096-366-7640  Fax 096-371-1353 E-mail info@wayo.org